心地よさの理由

exp2_block1_img
自然の恵み わらの心地よさ

立ってよし 座ってよし 寝転んでよし。
日本の敷物文化で育まれた「畳」が持つ、基本性能を備えた「わら美人」。一足で実感できる、深みのある弾力と柔らかい足触りが特徴です。
衝撃緩和機能を持つ畳床として、子どもや高齢者の方に優しい住まいづくりの改修にも最適です。

本畳の風合いと深みのある弾力

衝撃緩和型畳床「わら美人」のやわらかい足触りについて、試験機関による試験とその結果によって導き出される心地良さの理由をご紹介します。

  • 試験1 各種動作時のかたさ
  • 試験2 表面のかたさ(いたさ)
  • 試験3 理転倒衝突時のかたさ

試験機関:床性能研究会(代表者:横山裕 東京工業大学教授)

心地良さの理由「最適なやわらかさ」 各種動作時のかたさ試験結果

数値が小さいほど硬く、大きいほどやわらかいことを表し、「わら美人」のlog(UF1-8・DR×DR・TR-1)=1.04は、素足靴下履きで歩行する場合の硬さとして、最適値に近い性能を有していることがわかります。

最適値
1.0~1.1
結果
1.04
最適値達成!
心地良さの理由「押しつけた時のやわらかさ」 表面のかたさ(いたさ)試験結果

膝やくるぶしを床(畳)に押しつけた時の痛さの評価になります。身体部位や動作によって異なりますが、数値が小さいほど痛いことを表し、「わら美人」の場合、物理量PI=-1.0で他の畳に比べて痛く感じないことがわかります。

推奨値
PI=-1.0 以上
結果
PI=-1.0
推奨値達成!
心地良さの理由「衝撃吸収性に優れている」 理転倒衝突時のかたさ試験結果

安全性の観点から、最大加速度(床のかたさ)は、100G以下が望ましく、JIS A 6519では、体育館床は100G以下、柔道場は65G以下と上限値を規定しています。「わら美人」の最大加速度G=43で、転倒時の衝撃吸収性に優れていることがわかります。

柔道場の基準値
65G
結果
43G
数値が低いほど子供・高齢者に優しい
データ提供:ダウ化工株式会社 鹿沼研究所

東京工業大学床性能研究会の測定においても、居室内に求められる床の性能値で、測定に提出された畳の中で「わら美人」は、ベストの数値でした。
また、「かたい」といわれている建材畳に5ミリ厚のクッション材を使用しても数値的に「わら美人」には及びません。さらに、建材畳に使用した5ミリクッション材はやがて薄くなりクッション性は機能しなくなります。そのクッション材がへたると畳はまた硬くなってしまいます。

岡部商事では、熊本で唯一 冷蔵倉庫での品質管理、稲わらの乾燥処理を行っています。
低温倉庫での品質管理
低温倉庫での品質管理
稲わらの乾燥処理
稲わらの乾燥処理

わら美人の導入を検討されている方

和室の趣きにより、その部屋に最適なご提案をさせていただいております。
すべてのお問合せにしっかりと対応させていただきますので、どうぞご遠慮なくお寄せください。

お問い合わせ
Page Top