畳のメンテナンス

畳のお手入れは、2~3年で畳表を裏返し、4~5年で表替えをするのが目安となります。
畳の管理には換気が大切です。部屋の窓を開けるなどして、換気をよくして下さい。
また、畳にとってホコリは大敵です。こまめな掃除を心掛けて下さい。
畳を大切に使用して、いつまでも美しい畳のある暮らしを楽しんでください。

家具の跡がついた場合

家具の跡がついた場合
  1. 集めのお湯で雑巾を濡らしてください。
  2. 雑巾をきつく絞ってください。
  3. 家具の跡に雑巾をのせてアイロンをかけてください。
  4. 風で水分を乾かしてください。

畳にカビが発生した場合

畳にカビが発生した場合
  1. 空気を入れ替えて下さい。
  2. お湯に漂白剤を入れ、雑巾をしっかり絞って拭いて下さい。
  3. アルコールを雑巾に少ししみこませて下さい。
  4. さっと吹き上げて、風を入れて乾かして下さい。

ジュースをこぼしてしまった場合

ジュースをこぼしてしまった場合

すばやく乾いた布で拭き取って下さい。
そのとき、濡れた雑巾で強くこすらないようにして下さい。

パウダーが詰まった場合

パウダーが詰まった場合
  1. パウダーの上に粗塩をふりかけて下さい。
  2. 周りを叩いて、パウダーを畳の目から浮き立たせて下さい。
  3. 畳の目に沿って丁寧に掃除して下さい。

ペットの尿をこぼしてしまった場合

ペットの尿をこぼしてしまった場合
  1. 尿の上に塩、パウダー、小麦粉のいずれかをふりかけて下さい。
  2. 水分がとれたら、掃きとって下さい。
  3. お湯で濡らした雑巾を堅く絞って拭き上げ、乾拭きをして風をあてて下さい。
Page Top